news

【社会貢献活動のお知らせ】福祉施設商品の代行販売スタート

meguro-のコピー_03

株式会社クロア代表トベタ・バジュンが理事長を務める、特定非営利活動法人「目黒Green World Project(グリーンワールドプロジェクト)」が10月30日17時より、目黒区内の障害者福祉施設で製造された商品をウェブ販売サイト「Amazon(アマゾン)」で代行販売を開始しました。

 

同団体は2013年より子供の未来、グリーンな街づくり、福祉施設のサポートなどを掲げ、同区で活動しています。

 

障害者福祉施設「しいの実社」(目黒本町)で製作されているマフラーやラグマット、雑貨など約120点の商品を代行して販売いたします。販売までの経緯はネットで販売など行う福祉施設は少なく、同区以外の人が商品を手にできる機会が少ないため、同団体がサポートしネットでの販売代行を行う。

 

しいの実社は、自閉症を始めとする知的障害ともつ人たちの日中活動の場として運営する。約30名が在籍し、同区内の店舗で手作りの織物製品をはじめ、クラフト製品、焼き菓子、天然酵母パンを製造・販売しています。

 

理事長トベタ・バジュン
「福祉施設で作られた商品は、繊細な色使いやデザインなど市販の製品と比べても、素晴らしいものばかり。ひとりでも多くの人に、目黒区の障害者福祉施設でほとんど手作りで作られている、素晴らしい商品を知っていただくきっかけを作っていきたい。この取り組みを目黒区で成功させ、全国へと広げていきたい。福祉施設の生産者、購入者、皆がハッピーになれるような仕組みを作っていきたい」

 

しいの実社施設長の渡辺浩成さん
「適切な支援によって障害を持つ人が能力を発揮し、仕事と充実した時間を過ごすとともに、作り上げる満足感、達成感を味わってほしい。そしてその商品を皆さんに愛用して頂きたい。知的障害を理解して頂きたいという活動が、この取り組みでインターネットを通して世の中に知っていただく機会となり、『知的障害者』という障害を持つ人が少しでも生活しやすくなってほしい」

 

商品はAmazonサイトの同団体のストアぺージで購入できる。

 

目黒グリーンワールドプロジェクトについて
■団体名称 特定非営利活動法人 目黒グリーンワールドプロジェクト
■事業内容
・子どもに対し、環境学習や途上国支援活動へ参加する機会を提供
・グリーンな世界を実現するための人材を輩出
・ペット(動物)・植物に優しい社会形成
・障害者福祉施設での製作商品の代行販売及びプロデュース
■メンバー
理事長 トベタ・バジュン
副理事長 伊庭 秀幸
理事 トム・ヴィンセント , 戸田 和壽 , 伊庭 理子、古川 明久
監査 住吉 祐馬
正会員 水野 雅弘 , ハービー山口 , 岩崎 智 , 井上 愛理, 大西 純司
目黒グリーンワールドプロジェクトは目黒地域への社会貢献活動として上記項目を掲げ、活動を行っています。

 

障害者福祉施設「しいの実社」
■団体名称 多機能型障害者施設 「しいの実社」
■事業の種類 生活介護事業、就労継続支援B型事業
■所在地
東京都目黒区目黒本町2丁目7番3号
「しいの実社」は、目黒区の社会福祉法人「もえぎの会」が自閉症を始めとする知的障害ともつ人たちの日中活動の場として運営する施設です。目黒本町および学芸大学にて、手作りの織物製品をはじめ、クラフト製品、焼き菓子、天然酵母パンを製造・販売。

 

【店舗情報】
◼︎Amazon販売ストアページ:
http://www.amazon.co.jp/gp/node/index.html?ie=UTF8&me=ACMDNVQPMGA5G&merchant=ACMDNVQPMGA5G

 

◼︎関連URL
目黒グリーンワールドプロジェクト:http://megurogreen.jp/
しの実社:http://moeginokai.jp/

 

meguro-のコピー_10

Posted on 2015-10-30 | Category CSR NEWS プレスリリース