全方位から音が降りそそぐ臨場感豊かな音楽体験「360 Reality Audio」を4K映像で体験するスペシャルヒーリングミュージックビデオ公開.

  • 投稿日:2021年12月15日

 

 

 

株式会社クロアは、本日2021年12月15日、癒やしの4K映像と共に全方位から音が降りそそぐ360 Reality Audioを体感できる新たなミュージックビデオを,ソニーの360 Reality Audioアーカイブサイト「SOUND DIVE」と「クロアヒーリング」YouTubeチャンネルにて公開いたしました。

【全方位から音が降りそそぐ 360 Reality Audio】

360 Reality Audio(サンロクマル リアリティー オーディオ)は、オブジェクトベースのソニー360立体音響技術を使った新しい音楽体験です。
ボーカルやコーラス、楽器などの音源一つひとつに位置情報をつけ、球状の空間に配置。アーティストの生演奏に囲まれているかのような、没入感のある立体的な音場を体感できます。

今回、「360 Reality Audio」を高画質の4K映像で体験するスペシャルヒーリングミュージックビデオを制作。
ソニーの360 Reality Audio アーカイブサイト「SOUND DIVE」と美しい映像と音楽による「クロアヒーリング」YouTubeチャンネルにて2021年12月15日に公開致しました。

またミュージックビデオで用いられている音楽は、Amazon Music Unlimited、Deezer HiFi(360 by Deezer)にてお聴き頂けます。
本体験で感じた感覚を各配信サイトにて体感してみて下さい。

SOUND DIVE
【 CROIX HEALING × 360 Reality Audio | 4Kスペシャルヒーリングミュージックビデオ 】
※サイト内TOPスライダー、メニュー「ヒーリング」よりご覧下さい。
https://www.sony.co.jp/united/360ra_sounddive/

クロアヒーリング Official YouTubeチャンネル
【 CROIX HEALING × 360 Reality Audio | 4Kスペシャルヒーリングミュージックビデオ 】
https://lnk.to/FLri2L2I21

<ご注意>
※YouTubeチャンネルの360 Reality Audioスペシャルビデオはヘッドホンのみの再生でスピーカーでの再生には対応していません。また音場の個人最適化には対応していません。
※360 Reality Audioでの音楽を聴く方法は下記の【360 Reality Audio とは】より詳細をご確認下さい。

【360 Reality Audio とは】
360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)
「全方位から音が降りそそぐ、新体験。」
360 Reality Audioは、オブジェクトベースのソニー360立体音響技術を使った新しい音楽体験です。
ボーカルやコーラス、楽器などの音源一つひとつに位置情報をつけ、球状の空間に配置。
アーティストの生演奏に囲まれているかのような、没入感のある立体的な音場を体感できます。
詳細:https://www.sony.jp/headphone/special/360_Reality_Audio/

その他、詳細は以下ご参照ください。(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000187.000068516.html

事業拡大と経営体制強化を目的に、望月明人氏が顧問就任

  • 投稿日:2021年05月14日

瞑想と眠りに特化したヘルス・ウェルネスカンパニーを目指す株式会社クロア(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:戸部田馬準)は、顧問として望月明人氏の就任が決定致しましたのでお知らせ致します。

 

株式会社クロアは、アジアから世界に向けた日本発信の瞑想と眠りに特化したヘルス・ウェルネスカンパニーとしてさらなる成長を成し遂げるため、望月明人氏の顧問就任による経営体制の強化を通じて、グローバルマーケットにおけるブランド確立、事業拡大を目指します。

 

望月明人氏

望月 明人(モチヅキ アキヒト)氏 略歴

1954年山梨県生まれ。1977年早稲田大学政治経済学部卒業後、山一證券を経て産業能率大学総合研究所で企業マネジメント全般のコンサルティングに従事する。1990年株式会社ソシオテック研究所の創業に関わり大手企業を中心に事業開発・組織開発のプロジェクトに関わる。2000年以降は、数社の代表、取締役にしてベンチャー企業育成、地域活性化、IPO支援等に関わる。現在は、株式会社アクリート監査役、株式会社サーバーワークス監査役等を務める。

 

【株式会社クロアについて】

株式会社クロアは 2009 年 6 月 29 日に設立されたマインドフルネス・コンテンツを中心に開発する創業12年を迎えるヘルス・ウェルネスカンパニー。 医学博士、 医療機関と連携した機能性の高いヘルステックサービスを展開。 既に国内デジタル配信において、マインドフルネス分野ではトップクラスのシェアを占める。 2021年は、 医学博士、 医療クリニック監修の眠れるサウンドアプリ「RELAX WORLD」を全世界に向け開発。 また、中国最大手の音楽配信サービスであるテンセント・ミュージック・エンターテイメント(TME、 騰訊音楽娯楽集団)やチャイナ・モバイルと直接契約し、コンテンツを提供。 さらに、国内最大級の動画配信会社 U-NEXT、 dTVなどにて高画質マインドフルネス動画を展開中。 世界マーケットに向けた東洋発信のマインドフルネス・ブランドを確立中。 日本音楽療法学会、 日本レコード協会(RIAJ)、 新経済連盟などに加盟。

 

【会社概要】

社名:株式会社クロア

所在地:東京都目黒区下目黒3-7-2-7F

設立:2009年6月29日

代表者:代表取締役社長 戸部田 馬準

コーポレートサイト:https://croix.asia/

 

【本件に関するお問合せ先】

株式会社クロア

担当:大久保、高木

Mail:support@croix.asia

Tel:03-5436-1960

 

ハイレゾ音で届けるヒーリングサウンドで従業員のストレスマネジメントを支援する新しい機能性BGMサービス「薬用音楽®︎」を開始

  • 投稿日:2019年07月23日

ハイレゾ音源が再現する自然音をメインとした機能性BGMサービス「薬用音楽®︎」セットの提供を、企業や店舗、 医療・福祉施設向けに8月より開始いたします。

■「薬用音楽®︎」とは
人間の耳には聞こえない超音波を含む音をハイレゾ・オーディオシステムにより再生し、自然界と同様の環境を空間に再現する仕組みです。従来のデジタル音源制作時には容量削減のため削除されていた「超音波(高周波)」は、リラックス効果に加え人間の脳の最深部(基幹脳)を活性化させる働きがあるということが証明されています。
(参考資料)ハイパーソニック・サウンドとは(環境省NUTSホームページ) https://www.env.go.jp/nature/nats/sound/about.html

「薬用音楽®」︎はクロアの登録商標です。

■「薬用音楽®︎セット」とは
高周波音を含んだヒーリング音とハイレゾ・オーディオシステム(*)をトータルで提供します。CDなどデジタル音 源の500倍以上のきめ細かさを持つ超音波をそのまま再生できるハイレゾ・オーディオシステムを利用し、企業や 店舗、医療・福祉施設などへ新しい機能性BGMとしてソフトとハードのセットで提供するものです。

■「従業員の健康管理」を推進する企業様や店舗に
職場環境の整備、長時間労働の改善、ストレスチェックの実施など、従業員の健康管理を推進する企業側の取組み が顕著になっています。クロアの提供する「薬用音楽®」は、オフィスに置く「観葉植物」なような存在として、 そこで働く人々に「効く」リラックスと安らぎを提供するものです。

薬用音楽®︎ホームページ http://www.medicatedmusic.com/
ハイレゾ・オーディオシステム
超音波を含んだサウンドの再生が、昨今のハイレゾ・オーディオシステムの技術進歩により、ミニコンポクラスの 市販商品でも高音質の再生が可能となっています。
(参考商品)
Panasonic SC-PMX150-S ミニコンポ ハイレゾ音源対応(写真)
ONKYO X-NFR7FX(D) CD/SD/USBレシーバーシステム
SONY HAP S-1 SS HA-1 ハードディスクオーディオプレイヤーシステム
JVC EX-NW1コンパクトコンポ ハイレゾ音源対応 ウッドコーンシリーズ

薬用音楽セットハイレゾ・オーディオシステム例(Panasonic SC-PMX150S)

<薬用音楽セット概要>

購入+メンテナンス
初期費用(購入費)10~30万円(予定)
ハイレゾ・オーディオシステムはPanasonic/ONKYO/SONY/DENONなどの既存製品の中から予算に合わせて選んで いただきます。
設置費用 3万円(予定)*交通費・諸経費別 月額運用 7,800円(予定)

レンタルシステム+メンテナンス
初期費用なし
設置費用 3万円(予定)*交通費・諸経費別 月額運用 15,000円~(予定)

■初年度100施設の導入を目指します。
企業における事務スペースのみならず、店舗やヒーリング施設、老人ホームなどあらゆる空間を対象に、初年度 100 施設の導入を目指します。第一弾として芸能プロダクション大手の株式会社ワタナベエンターテインメント様に導 入予定のほか、パナソニックラボラトリー東京(Panasonic Laboratory Tokyo)様“NapLab”内 社員専用仮眠ブース の待合室に導入し、共同での実証実験を開始する予定です。